spfとは何か

日焼け止めを選ぶ際にはspfというものに注目するべきです。これは日焼け止めの強さを表しているものですが、その意味をしっかりと理解している方は意外と少ないかもしれません。

そもそも光には3つの種類があります。それぞれ、赤外線と可視光線、そして紫外線です。目に見える光はすべて可視光線であり、それ以外にも光は存在しているのです。これらは波長の違いとして存在します。そんな紫外線にはさらに3つの種類があるのです。

まず、UVAがあります。こちらはシワやたるみの原因となってしまうでしょう。次にUVBです。こちらはシミやそばかすの原因となってしまいます。そして、最後にUVCです。こちらは皮膚病の原因となってしまうため、しっかりと防ぐ必要があるでしょう。

そして、spfというのはサンプロテクションファクターの略称であり、こちらは主にUVBをカットすることができる能力を示しています。したがって、日焼け止めの中でも特にspfが高いものというのはこのUVBをカットすることができるということになります。この数値が高いほど効果があるという意味です。この数値の意味としては、紫外線が当たり出してから実際に日焼けしてしまうまでの時間を遅らせることができるというものです。