日焼け止めの選び方

それではspfに注目する以外にどのような点に気をつけながら日焼け止めを選ぶべきなのでしょうか。まず、日焼け止めには顔用とからだ用の2つがあるため注意しましょう。メーカーによって異なるのですが、それぞれの製品について使用部位を限定していることがあるのです。これは顔とからだの皮膚がそれぞれ異なっているからです。皮膚の薄さが違い、皮脂腺の数も異なっています。そのため、顔用とからだ用で2つに分けていることが多いのです。

spaやpaについてはその数値が高ければ良いと考えている方が多いかもしれません。しかし、この数値が高いということは肌への負担も大きくなってしまうことに注意しましょう。それだけ成分が強くなっているのです。そのため、常にこの2つの数値が高いものを使ってしまうと肌に大きな負担がかかってしまうでしょう。夏場に外出するときのために使うものと、炎天下で活動するとき、日常生活などでそれぞれ使い分けるべきでしょう。

どのような成分が配合されているのかにも注目してみましょう。たとえば保湿成分がしっかりと含まれているものであれば、肌をしっかりと保護して乾燥するのを防いでくれます。こちらは乾燥肌の方には最適となるでしょう。それぞれの肌に合わせて選びましょう。